Y&Aからのお知らせ

JIAM2012 OSAKA

アパレル工業新聞-2012年10月1日 掲載

JIAM2012 OSAKA
 ユカアンドアルファは、使い勝手を重視したアパレルCAD「アルファミュウ」、同CADで作成したパターンデータを基にボディーに着せ付けたイメージ表示する3Dシュミレーションシステム「アルファミュウ3D」をメーンに提案。また工場向けで低価格でCADソフトとプロッターをセットにした「ファクトリープラン」、高収率マーキングシステム「オートネスト」を紹介した。国内のアパレルはもちろん、韓国、中国、フィリピン、ベトナムなどからも引き合いがあったという。

関連記事

ページ上部へ戻る