ACCT システム

 ACCT システムとは、日本アパレルソーイング工業組合連合会(以下、アパレル工連)が厚生労働省の補助事業で開発し、アパレル工連が定義した工程をベースに、縫製工場の適正な工賃交渉を支援するデータを作成するシステムです。
定義している構成をベースに簡単に即答できる「標準見積システム」と、製品ごとの工程数や工程時間を実測、分析し、生産性を向上させる「サンプル作成積算システム」という2つのシステム構成により、製品ごとに適正加工賃(価格)を積算できます。

 クラウドサービスのため、契約利用者はインターネット接続されたPCやタブレット、スマートフォン(OS、ブラウザは規定以上)等があればどこででも利用できます。

 詳しくは日本アパレルソーイング工業組合連合会ホームページ内「ACCT」をご覧ください。
 ACCT
 現在、新規お申込み申請のユーザー様は1ヵ月間無償で試用していただけます!!


【ACCTセミナー開催中】
今後全国各地にてACCTのセミナーを開催していく予定です。
本ページでは開催されたセミナーの模様もお伝えしていこうと思っております。

展示会情報については弊社ウェブサイトトップページの「Y&A最新情報」にて提供しています。


連合会で定義された基本アイテム、使用を選択し実証された工程時間の集計が自動計算されます。
次に素材・裁断・ロット等、様々な条件に合わせ各種係数を選択・入力することによって、ユーザー毎の適切な見積書・工程一覧表を作成することが出来ます。
縫製工場が取引アパレルから企画段階で引合い・コスト問い合わせを受けた時点で、基本的コストの提示を簡単に即答できるようにすることが目的のシステムです。
標準見積工程一覧から自社の基準に合わせて項目を追加・削除などの修正をし、新にサンプル作成時の見積書工程一覧表を作成することが出来ます。
現物サンプル作成の各工程分析・最終コスト判断・最終見積作成や生産工程編成に繋げることが目的のシステムです。

■管理団体:日本アパレルソーイング工業組合連合会
■開発元 :株式会社ユカアンドアルファ     

厚生労働省 平成29年度中小企業最低賃金引き上げ支援対策補助金開発

ページ上部へ戻る