Y&Aからのお知らせ

5月に「ミュー」発売へ

Alpha myu

5月に「ミュー」発売へ・「ユニファイ」の導入が増加/アパレル工業新聞-2011年2月1日掲載

 ユカアンドアルファは、使いやすさを重視した新アパレルCAD「アルファミュー」を五月から発売する計画だ。また、受注や引き合いが増えているアパレルPDMシステム「アルファユニファイ」の販売を強める。
 アルファミューは、これまで販売してきた「スーパーアルファプラス」の後継機。パターンメーキングをシミュレーションする「クローン機能」を備えたのが大きな特徴で、マスターパターンから工業用パターンへの展開や、デザインの修正・追加、パターンチェックなどの作業に最適。「これまでのCADでは四工程掛かっていたような操作が一ステップで可能で、工業パターン作成が三分の一に短縮できる」(保利淳社長)。
 また、一つのメニュー操作で直線とカーブがそのまま描ける。グレーディングでは同社のCADがこれまで特色としてきた切り開き方式に加え、自由な設計が可能なポイント方式も搭載した。この間実施してきたモニターアンケートでも、「思い通りの表現が出来る」「パターンメーキングのようにグレーディング出来る」などの評価を受けたという。
 一方、アルファユニファイは、パターン、仕様書、デザイン、サンプル写真などの企画情報を共有化し、業務の効率化を図るシステム。「ウェブサーバーを持ったシステムで、クライアントライセンスがなく、何台のパソコンでも使えてコストパフォーマンスに優れている」(林田勲会長)。企画部門の効率化が見直される中、昨年から引き合いや導入が広がっているという。同社が直接受注するほか、基幹系システムのベンダーと協業するケースも増えている。
 また、同システムはクロスブラウザー対応で、パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット端末などでも使える。このため今後は店頭で企画情報を確認しながら接客出来るという利用方法なども見据え、訴求に力を入れる。

関連記事

ページ上部へ戻る