Y&Aからのお知らせ

ドレス・ビーズ刺繍CADシステム

SuperALPHA:PLUS

ドレスのビーズや刺繍をコンピュータ上でデザインする専用ソフト / ブライダル産業新聞-2011年5月21日 掲載

CAD1台導入で10人分の作業効率が可能に
 アパレルのパターンソフトを開発しているユカアンドアルファ(本社:東京都渋谷区)は、ウェディングドレス向けに「ビーズ刺繍CADシステム」を販売している。
 このソフトを導入すれば、手作業で行うことの多いビーズや刺繍など繊細な作業を機械化でき、人件費の削減と共に作業効率アップに繋げることができる。
 また、デザインに起こしただけでは曖昧になってしまうビーズの個数などもコンピューター上で計算できることで、製作コストを正確に把握できることも魅力だ。
 他にもデザインをデータとして蓄積することで、次のドレスを作る時の編集作業がしやすくなるといった導入メリットもある。
 同社ではもともと、ドレスのパターンを引くCADを展開していたが、ユーザーから「繊細な刺繍やビーズの作業もコンピューター上で効率的に行いたい」という希望を受け、ソフト開発に至った。
 現在導入しているドレスメーカーは、海外に製作工場があるような大量生産を行っている企業が中心だ。
 導入費用は100万円から。

関連記事

ページ上部へ戻る