Y&Aからのお知らせ

【プレス】手作業感覚のCAD 改良重ね10月販売

繊研新聞 – 2016年9月16日 掲載

手作業感覚のCAD
ユカアンドアルファ 改良重ね10月販売

 ユカアンドアルファ(東京、保利淳社長)は10月1日、手作業感覚でパターンメイキングできるCAD(コンピューターによる設計)「アルファ・ミュータッチ」を販売する。5月に発表してから改良を重ね、バージョン1をリリースすることにした。
 アルファ・ミュータッチは、ワコム製の27インチタッチタブレットを使用し、実寸大パーツを手で回転・拡大・縮小でき、ペンで線を引いて、文字を書き込むことができる。手で行うのと同じような直感的な操作性にこだわった。
 発表後、両手でパーツを切ったり移動できる機能や、画面のタテ・ヨコを切り替えたりする機能を追加し、ペン先の反対に消しゴムを配置するなど「実運用にかなうレベル」(保利社長)に仕上げた。発売に先立ち、26日からのJFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)に出展するほか、29日にはワコム東京支社で体験会を開く。同社はこれらの機会に「未来にタッチする」感覚に触れて欲しいとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る