よくある質問 【SuperALPHA:Plus】

SuperALPHA:Plus

  • DXFファイルを開きたい

    1.メニューの[ファイル→IMPORT→TIIP/AAMA/DXF入力(imp)]をクリックします
    2.「開く」ウィンドウにてDXFファイルを選択して[開く]ボタンをクリックします
    3.「DXF Import」ウィンドウにて項目を確認の上、[OK]ボタンをクリックします
    4.配置する原点を指示します

  • DXFファイルを開いた時に表示される緑色の線を消したい

    メニューの[ファイル→IMPORT→チェック削除]をクリックします

  • 端点に○を表示/非表示させたい

    下図、右から2番目赤枠のアイコンをクリックして表示/非表示を切り替えてください
    ・端点表示/非表示
     端点表示/非表示

  • 電卓を表示/非表示させたい

    キーボードの左下にある「Ctrl」キーを押しながら、その上にある「Shift」キーを押します
     ※「Shift」キーを押しながら、「Ctrl」キーを押しても可能です

  • 画面上の寸法を実寸表示にしたい

    1.画面上で「右クリック→実寸大表示」をクリックします
    2.キーボードにて「1」→[ENTER]を押下します
    3.実寸大表示する画面中央をクリックします

  • 実寸表示の寸法を調整したい

    1.画面上で「右クリック→実寸大表示」をクリックします
    2.キーボードにて「-1」→[ENTER]を押下します
    3.実寸大表示する画面中央をクリックします
    4.基準となる2点(端点)を指示します
    5.指示した2点の画面上の長さを、定規等で測り入力します
    6.実寸大表示にしてご確認ください

  • パターンデータを間違って上書きした場合に、元のデータを呼び出す方法(バックアップ機能)

    ○初期設定はバックアップ機能がオフになっていますので、下記手順で設定してください
     1.メニューの[ファイル→環境]をクリックします
     2.「環境」ウィンドウにて左下にある[バックアップ]ボタンをクリックします
     3.「バックアップ」ウィンドウにて「バックアップをしない」のチェックを外します
     4.保存先や保存する世代数を設定して[OK]ボタンをクリックします
        バックアップ機能
        ※各データファイル毎に「保存する世代数」の数だけ、上書き保存前のデータを呼び出せます

    ●呼び出し方法
     1.上記3.「バックアップ」ウィンドウにて左下の「バックアップ読み込み」ボタンをクリックします
     2.上記4.で設定した保存先から呼び出すデータファイルを選択して[開く]ボタンをクリックして実行します

ページ上部へ戻る