よくある質問

  1. TOP
  2. サポート
  3. よくある質問
  4. 周辺機器

周辺機器

CADから出力できない
  1. カッティングプロッタ
  2. カッティングプロッタ全般
  • パソコンとプロッタのケーブルが正常につながっているように見えても再度接続し直してみてください。
  • AlphaComにてプロッタの状態が使用可能になっていない場合は[開始]をクリックしてください。
  • AlphaComを再起動して、再度出力してみてください。
線がかすれてしまう
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ
  • インクカートリッジ吹き出し口をティッシュペーパー等で清掃し、そのまま抑えながら軽く振ってから
     再度セットし直して見てください
  • インクカートリッジをセットする際、基盤のある背中側を押しつけるようにしっかり奥まで押し込んでください。
用紙が正常に送られない
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ
  • 5カ所ある加圧ローラーが正しい位置にセットされているかご確認ください

 

  • 背面中央にあるエンコーダーローラーが正しく下がって紙に接しているかご確認ください

出力時にヘッドが紙に引っ掛かってしまう
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ
  • 用紙両端付近にある金属の浮き防止プレートを5mm程度紙の上に載せてください。
INKOUT エラー となってしまう
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ
  • インクカートリッジがセットされているかご確認ください
  • セットされている場合は、セットし直してみてください
Plotソフト左下のマークが赤いままになっている
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ
  • AlphaJetの電源が入っているかご確認ください
  • パソコンとプロッタのケーブルが正常につながっているかご確認ください
  • AlphaJetを再起動してみてください

接続が正常な場合:

接続が異常な場合:

用紙幅以上のマーキングファイルを出力したい
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ

1.メニューアイコンの[Split]をクリックします

 

2.出力したいマーキングファイルを選択して[開く]をクリックします

 

3.開いたファイルのリストをクリックすると、プレビュー画面に用紙幅を超えている部分が縦に並んで表示されます

 

4.通常通りに[Plot]をクリックすると、プレビュー通りに出力されます

 

5.用紙幅の位置を破線で出力していますので、切り貼りしてつなぎ合わせることが可能です

複数のマーキングファイルを横並びに出力したい
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ

1.メニューアイコンの[Merge]をクリックします

 

2.並べて出力したいマーキングファイルを選択して[開く]をクリックします
 ※キーボードの[Ctrl]キーを押しながら選択(クリック)していくことで複数選択できます

 

3.Mergeして開いたファイルがリストに表示されますので、クリックすると下のプレビューに並んで表示されます

 

4.通常通りに[Plot]をクリックすると、プレビュー通りに出力されます

※オフライン出力した各マーキングファイルの幅が対応しているAlphaJetの用紙幅に収まっている必要があります  

  • AlphaJetシリーズの設定確認方法
    A-メニューの「Setup」-「Plotter Parameter」をクリックします

   

 

   B-左側のメニューの[Other]をクリックして下図の①,②を確認してください。

   

   ①:各マーキングファイルの間隔(cm)です
   ②:設定されている用紙幅(cm)です ← 多少余白分を考慮してください

 

 用紙幅に収まっていない場合、下図のように縦並びで配置されます

 

1つのマーキングファイルを複数の部数出力したい
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ

1.出力したいマーキングファイルを開いて、リスト表示されているファイルの”Plot Times”部分をクリックします

 

2.カーソルが表示されるので、出力したい部数を入力します

 

3.通常通りに[Plot]をクリックすると、入力した部数が連続で出力されます

複数のマーキングファイルを連続して出力したい
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ

1.メニューアイコンの[File]をクリックします

 

2.出力したいマーキングファイルをすべて選択して[開く]をクリックします
 ※キーボードの[Ctrl]キーを押しながら選択(クリック)していくことで複数選択できます

 

3.開いたファイルがリストに表示されますので、メニューアイコン右側にある”AutoPlot”にチェックを入れることで
  リストで選択したファイル以降のファイルを連続して出力できます

 

※出力中に”AutoPlot”のチェックを外すと、出力中のマーキングファイルを出し終えて止まります

出力後の用紙をカットする方法を知りたい
  1. マーキングプロッタ
  2. AlphaJet シリーズ
  1. 本体の[PAUSE]キーを押します
  2. [DOWN]ボタンを押し続けてカットしたい位置を溝の部分まで用紙を送ります
  3. 離すと止まりますので、カッター等で溝に沿ってカットしてください
PCから出力できない
  1. マーキングプロッタ
  2. マーキングプロッタ全般
  • マーキングプロッタの電源がONになっているかご確認ください。
  • パソコンとマーキングプロッタのケーブルが正常につながっているように見えても再度接続し直してみてください。
マーキングプロッタの電源をオンにしても、まったく動かない
  1. マーキングプロッタ
  2. マーキングプロッタ全般
  • 電源ケーブルが正常につながっているかご確認いただき、念のため再度接続し直してみてください。
  • UPS(無停電電源装置)を使用している場合は、UPSとの接続の確認や電源がONになっているかご確認ください。
カーソルのボタン操作がわからない ※NJ-A0
  1. デジタイザ
  2. デジタイザ

ここでは弊社”ファクトリープラン”などで取り扱いしている、デジタイザ『NJ-A0』のカーソルについてご案内しています。

※上部0~3の4つのボタンのみ使用し、それ以外のボタンは使用しません

デジタイザで入力ができない
  1. デジタイザ
  2. デジタイザ
  • デジタイザとパソコンが正常にケーブルでつながっているかご確認ください
  • デジタイザの再起動を行ってみてください
  • 接続されているCOMポートがCADの設定と合っているかご確認ください

COMポートの確認方法

  1. スタートメニュー→コントロールパネル→デバイスマネージャーを開きます
  2. 「ポート(COMとLPT)」の行を開きます
  3. 表示されている「COM*」を確認します

 

Alphamyuでの設定

1.メニューの[ファイル→デジタイザ→デジフリー(dg)]をクリックします

2.表示されているデジタイザを選択して、画面左下の「設定」ボタンをクリックします

3.下図赤枠に上記で確認したポートを選択して[OK]ボタンをクリックします

 

SuperALPHA:Plusでの設定

  1. メニューの[ファイル→COMポート]をクリックします
  2. 下図赤枠に上記で確認したポートを選択して[設定完了]ボタンをクリックします

デジタイザの電源をオンにしても、まったく動かない
  1. デジタイザ
  2. デジタイザ
  • 電源ケーブルが正常につながっているかご確認ください。
  • 正常につながっているように見えても再度接続し直してみてください。
シートの排出方向を変更したい
  1. スキャナ
  2. SmartLF SC Xpressシリーズ
  • SmartWorks EZ Touch
    下図、①をクリックした後、②の赤枠内のアイコンをお客様の環境に応じて選択してください

:スキャン完了後に前方(手前)へ排出します

:スキャン完了後に後方(奥)へ排出します

スキャンした画像の保存先を変更したい
  1. スキャナ
  2. SmartLF SC Xpressシリーズ
  • SmartWorks EZ Touch
    下図の赤枠(…)をクリックして任意の場所へ変更してください

スキャンする時の画像の濃さを変更したい
  1. スキャナ
  2. SmartLF SC Xpressシリーズ
  • SmartWorks EZ Touch
    下図①→②の順でクリックしていき、③の数値を変更してご調整ください

スキャンボタンをクリックしてもスキャンできない
  1. スキャナ
  2. SmartLF SC Xpressシリーズ
  • スキャナのトップカバーがきちんと閉じているかご確認ください
  • 画像の保存先フォルダの設定が正しいかご確認ください
  • スキャナの再起動をしてみてください
スキャンボタンがグレー表示でクリックできない
  1. スキャナ
  2. SmartLF SC Xpressシリーズ
  • USBケーブルが正常にスキャナとパソコンにつながっているかご確認ください
  • スキャナの電源が入っているかご確認ください
  • スキャナのトップカバーがきちんと閉じているかご確認ください
  • スキャナの再起動をしてみてください
シートの排出方向を変更したい
  1. スキャナ
  2. CSX550・IS210シリーズ
  • Scanning Master Pro Color (21+)
    下図、[オプション]タブの「自動排出」赤枠内をお客様の環境に応じて選択してください

-「後方排出」:スキャン完了後に後方(奥)へ排出します
-「前方」  :スキャン完了後に前方(手前)へ戻ります
-「後方」  :スキャン完了後に後方(奥)で排出せずに止まります

スキャンした画像の保存先を変更したい
  1. スキャナ
  2. CSX550・IS210シリーズ
  • Scanning Master Pro Color(21 +)
     下図、[ファイル]タブの赤枠(参照)をクリックして任意の場所へ変更してください

スキャンする時の画像の濃さを変更したい
  1. スキャナ
  2. CSX550・IS210シリーズ
  • Scanning Master Pro Color(21 +)
     下図、[調整]タブの赤枠(明るさ)の数値を変更してご調整ください

[スキャン]をクリックすると「スキャナがみつかりません」と表示される
  1. スキャナ
  2. CSX550・IS210シリーズ
  • スキャナのトップカバーがきちんと閉じているかご確認ください
  • スキャナの再起動をしてみてください
  • USB接続の場合はUSBケーブルが正常にスキャナとパソコンにつながっているかご確認ください
  • LAN接続の場合はLANケーブルが正常にパソコンに繋がっているかご確認ください
     ※ネットワーク環境の変更や不安定であったりすることが原因の場合がありますのでご確認ください
スキャンした画像に黒い線が入ってしまう
  1. スキャナ
  2. スキャナ全般

キャリアシート、スキャナのガラス面、ローラーの清掃を行ってみてください

スキャンした画像が真っ白(真っ黒)になってしまう
  1. スキャナ
  2. スキャナ全般
  • スキャナ読み込み面に対して裏表が正しいかご確認ください
  • スキャナソフトにて画像の濃さ(明るさ)の調整を行ってみてください
  • キャリアシート、スキャナのガラス面の清掃を行ってみてください
スキャンした画像の大きさが違う
  1. スキャナ
  2. スキャナ全般

スキャン時の解像度が「200dpi」になっているかご確認ください。
 ※弊社CADとの連携では解像度「200dpi」とさせていただいております

スキャナの電源をオンにしても、まったく動かない
  1. スキャナ
  2. スキャナ全般
  • 電源ケーブルが正常につながっているかご確認ください。
  • 正常につながっているように見えても再度接続し直してみてください。
カット紙(シート紙)を使用したい
  1. カッティングプロッタ
  2. APC-130 シリーズ

ロール紙のみ使用可能な為、保証対象外となります。

手動で用紙カットを行いたい
  1. カッティングプロッタ
  2. APC-130 シリーズ

画面に「リモート」と表示されている状態で、次の手順で実施してください。

  1. [REMOTE]キーを押します
  2. [▲][▼]を押してカットしたい位置へ用紙を送ります
  3. [FUNCTION]ボタンを押します
  4. [ENTER/HOLD]ボタンを押します
本体のカット圧を変更したい
  1. カッティングプロッタ
  2. APC-130 シリーズ

画面に「リモート」と表示されている状態で、次の手順で実施してください。

  1. [REMOTE]ボタンを押します
  2. [TOOL]ボタンを押して「CUT1」を表示させます
  3. [ENTER/HOLD]ボタンを1回押してカーソルをカット圧(PRESS)へ移動させます
    ※例「CUT1 20 80 0.30」
  4. [▲][▼]ボタンを押してカット圧(PRESS)を変更します
  5. [ENTER]ボタンを数回押していくと「セッテイカンリョウシマシタ」と表示されます
  6. [REMOTE]ボタンを押します
    液晶画面の文字を日本語にしたい
    1. カッティングプロッタ
    2. APC-130 シリーズ

    画面に「リモート」と表示されている状態で、次の手順で実施してください。

    1. [REMOTE]ボタンを押します
    2. [FUNCTION]ボタンを押します
    3. [▲][▼]ボタンを押して「DISPLAY」を選択します
    4. [ENTER/HOLD]ボタンを押します
    5. [▲][▼]ボタンを押して「ヒョウジ:Japanese」を選択します
    6. [ENTER/HOLD]ボタンを押します
    7. [END]ボタンを押します
    8. [REMOTE]ボタンを押します
    縫い代のカットをせず、最後の横切りカットだけ行ってしまう
    1. カッティングプロッタ
    2. APC-130 シリーズ
    • CADデータ情報で縫い代線が紫になっているかご確認ください。
    • カッタホルダーが正常にセットされているかご確認ください。
    ペンで作図するところをカットしてしまう
    1. カッティングプロッタ
    2. APC-130 シリーズ

    ペンアダプタが正しくツールホルダーにセットされているかご確認ください。

    ※下図を参考にしてください

    カット紙(シート紙)を使用したい
    1. カッティングプロッタ
    2. CE6000 シリーズ

    ロール紙のみ使用可能な為、保証対象外となります。

    手動で用紙カットを行いたい
    1. カッティングプロッタ
    2. CE6000 シリーズ

    画面に「レディ」と表示されている状態で、次の手順で実施してください。

    1. POSITIONキーでカットしたい位置へ用紙を送ります
    2. [PAUSE/MENU]ボタンを押します
    3. [4]ボタン(MEDIA)を押します
    4. [1]ボタン(送りと横切りを実行)を押します
    5. [2]ボタン(横切りを実行)を押します
      本体のカット圧を変更したい
      1. カッティングプロッタ
      2. CE6000 シリーズ

      画面に「レディ」と表示されている状態で、次の手順で実施してください。

      1. [COND/TEST]ボタンを押します
      2. [4]ボタンを押します
      3. 「条件2」の「カット圧」の所にカーソルを移動し、[▲][▲]ボタンで変更します
      4. [ENTER]ボタンを押します
      5. [COND/TEST]ボタンを押します
        液晶画面の文字を日本語にしたい
        1. カッティングプロッタ
        2. CE6000 シリーズ

        画面に「レディ」と表示されている状態で、次の手順で実施してください。

        1. [PAUSE/MENU]ボタンを押します
        2. [▼]ボタンを押します
        3. [2]ボタンを押します
        4. [▲][▲]ボタンで「Japanese日本語」選択します
        5. [ENTER]ボタンを押します
        6. [PAUSE/MENU]ボタンを押します
        縫い代のカットをせず、最後の横切りカットだけ行ってしまう
        1. カッティングプロッタ
        2. CE6000 シリーズ
        • CADデータ情報で縫い代線が紫になっているかご確認ください。
        • カッタホルダーが正常にセットされているかご確認ください。
        ペンで作図するところをカットしてしまう
        1. カッティングプロッタ
        2. CE6000 シリーズ

        ペンプランジャが正しくペンステーションにセットされているかご確認ください。
         ※下図を参考にしてください

        カット紙(シート紙)を使用したい
        1. カッティングプロッタ
        2. AC-800 シリーズ

        A0・A3・A4(縦)のみ使用可能です。
        セット方法については取扱説明書をご覧ください。

        手動で用紙カットを行いたい
        1. カッティングプロッタ
        2. AC-800 シリーズ

        出力準備状態から、次の手順で変更してください。

        1. [スタート/ストップ]ボタンを押します
        2. カーソルキーでカットしたい位置へ用紙を送り、[用紙カット]ボタンを押してください。
          本体のカット圧を変更したい
          1. カッティングプロッタ
          2. AC-800 シリーズ

          出力準備状態から、次の手順で変更してください。

          1. [スタート/ストップ]ボタンを押します
          2. [F2/カット圧]ボタンを押します
          3. 液晶画面右上の数値が点滅するので[∧][∨]ボタンでカット圧を変更します
          4. [確定]ボタンを押します
          5. [スタート/ストップ]ボタンを押します
            液晶画面の文字を日本語にしたい
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ

            [スタート/ストップ]ボタンを押しながら電源をオンにしてください。

            作図範囲外のエラーが発生する
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ

            全ての加圧ローラが正しい位置にあるかご確認ください。

            「ヨウシ ヲ セット シナオシテ クダサイ」と表示される
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ

            全ての加圧ローラが正しい位置にあるかご確認ください。

            ペンシルエンドエラーが頻繁に表示される
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ

            ペンシルホルダについて以下の項目をご確認ください。

            • 芯が入っていなかったり、入れ過ぎていないか確認してください。
            • 短い芯が残っていたり詰まっていましたら、取り除き清掃してください。
            • ペンシルホルダが古くなっていましたら新しいものと交換してみてください。
            縫い代のカットをせず、最後の横切りカットだけ行ってしまう
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ
            • CADデータ情報で縫い代線が紫になっているかご確認ください。
            • カッターが3番にセットされているかご確認ください。
            ペンで作図するところをカットしてしまう
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ
            • ストッカに正しくペンホルダーがセットされているかご確認ください。
            • 複数の線色を使っている場合、念のためストッカの1番にもペンをセットしてください。
            ストッカにカッターとペンが入る場所が分からない
            1. カッティングプロッタ
            2. AC-800 シリーズ

            弊社CADを基本的な状態でご使用される場合のストッカにはカッターは3番、ペンは7番にセットしてください。

            同じデータを複数部出力したい
            1. カッティングプロッタ
            2. カッティングプロッタ全般
            1. AlphaComにて[停止]をクリックしておきます。
            2. CADからプロッタ出力を行います。
            3. データ送信後AlphaComにて該当データを選択して[部数変更]をクリックします。
            4. 出力したい部数を入力します。
            5. AlphaComにて[開始]をクリックすると出力を開始します。
            縫い代のカット部分がずれる(紙幅方向)
            1. カッティングプロッタ
            2. カッティングプロッタ全般
            • ロール紙が斜めにセットされていないかご確認ください。
            オートフィード時に用紙が加圧ローラから外れてしまう
            1. カッティングプロッタ
            2. カッティングプロッタ全般
            • 用紙センサ部を少し暗くなるようにしてみてください。
            • 用紙センサ部の清掃を行ってみてください。
            カッター刃の適切な刃出し量を知りたい
            1. カッティングプロッタ
            2. カッティングプロッタ全般

            使用している用紙を数枚重ね、カッターホルダを手に持ってカットした時、1枚目がカットされて、2枚目はカッターの跡が残っても切れていない程度に調整してください。

            プロッタの電源をオンにしても、まったく動かない
            1. カッティングプロッタ
            2. カッティングプロッタ全般
            • 電源ケーブルが正常につながっているかご確認ください。
            • 正常につながっているように見えても再度接続し直してみてください。
            縫い代のカット部分がずれる(紙送り方向)
            1. カッティングプロッタ
            2. カッティングプロッタ全般
            • プロッタ配置出力時のページ長とプロッタ本体のオートフィード長が同じかご確認ください。

            Alphamyu

            1. 下図(Alphamyu Plot画面)①[オプション]→②[設定]→③[ページ]の順でクリックします
            2. ④「ページ長(mm)」の数値をご確認ください。

            SuperALPHA:Plus

            下図、プロッタ配置出力画面で中央下部にある赤枠(長さ「縦」)の数値をご確認ください

            ご質問・ご相談は
            お気軽にお問い合せください

            資料請求や製品デモ、
            お見積りなどご導入に関するご相談

            製品の使い方・トラブルに関するご相談